« 空中遊泳 | トップページ | どぶねずみの集会 »

2017年2月 3日 (金)

沈黙

今日はSMネタではアリマセン

待ちに待った Mスコセッシ監督の

沈黙 を観に行きました


Img_5631

<劇場の真ん前は 行きつけのバーがあるのです>

ここ数年、劇場に観に行く映画はほぼ とほほなので
ブログには書かないでおきました
映画好きなお友達も少なく
語れる人も あまり周りにいないので

(あ。SMも同じくですが・・・)

だいたいひとりで 観ます


この沈黙は 遠藤周作氏の小説を読み
スコセッシが25年 熟成させてきた映画
コマーシャルもすごかったですね


ワタシ自身 遠藤周作大ファンで
クリスチャンなのもあり
こういう宗教問題 しかも実際に 過去日本で起こった問題
興味深くて 上映を待ちわびていました

内容はざっくりいえば

仏教国日本の 沼地に
キリスト教を布教して 花を咲かせたいと
ポルトガルからやってきた神父のお話です


キリシタンな日本人は 同じ日本人に残酷に弾圧される
日本独特の拷問シーンはむごい
そして 苦行を見せつけにすることで
権力で
信仰を
魂を 
捻じ曲げる


生き延びるために 嘘をつくやつは生き延び
真理を貫くものは殺され
とにかく
これは 時代だよね

 

映画自体は
好みではなかった


ナレーションで、ことが進む映画が好きではない
沈黙・・・だったら言葉はいらなかった

ちょんまげで つたない英語セリフも萎えた
(わざとでしょうけど) 

音楽がまったく挿入されていないのも退屈だった


映画だけ見たとしたなら どうなんだろ

しかし・・・ここからがワタシ


おうちに帰って いまだにこんな朝まで
考えさせられるのです
こんな時間を与えていただけるのです
酷評するひとたちって
なんだ つまんなかったねって
ぐーぐー寝てるジャンルの人たちです

ワタシの場合 ちがう

後々に 残るって言う感覚が好き
その言葉について考えたり
聖書や 小説を読み返したり
その人物や 舞台裏を探る
キャストや監督のエピソードまで調べつくす


これが 好きなんです
好きな証拠なんです

セックスした後のオナニーのようにね

神は沈黙を続けたけど
言葉の持つ強さは 大きいね

ワタシなんか迷いや疑いのココロ
その連続です
あえて 言葉のない孤独を選んだりする連続


嘘や虚栄の世界 まっぴらだから
なにもないほうを選びます
きっと 生き延びるために 踏み絵を踏みそう・・・
自分の 善と悪が 垣間見れる

このステレオタイプの情報社会
神ではなく  違う誰かが
沈黙する時間も 必要かもね


宗教問題は いまも他国にあり
なにを信じるかは 自由ですが
こういう善悪を 変えれるであろう強い映画でした


そして何よりワタシは
闇のパワーもプラスして 元気をいただけます

明日からまた
迷った子羊どもを 教え整えないとね

監督は言いました
「沈黙は 私にとっての巡礼」


Hqdefault

|
|

« 空中遊泳 | トップページ | どぶねずみの集会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527010/69465120

この記事へのトラックバック一覧です: 沈黙:

« 空中遊泳 | トップページ | どぶねずみの集会 »