« 快楽の一句vo.1 | トップページ | Recollection »

2016年12月22日 (木)

フェチの フェチ

この季節になると

ケダモノの本能が疼き
革という革に興奮しちゃうわけです


そう レザーフェチなんです

Img_5203_2


あのぬめり感と

あの獣臭

肌にぴたーっと密着するだけで
やっと器に入れた気がして


自分の好きなプレイと
相手の好きなプレイが マッチするのは珍しい


なかなかワタシと同じ趣味嗜好を持つ”わかる方”と
巡り会えないですからね


今夜の生贄 レザーフェチなケダモノ


「女王様、たしかブラックコーヒーがお好きでしたよね?」
って
たかが コーヒー1本を
準備して待ってくれてる


初めて会うのに
プロフィールやブログをしっかり覚えてくれている

そういったアウトサイドから理解してくれる感覚が
とっても嬉しいのです


高揚はんぱない

Img_5194


牛より 羊が 好きです

柔らかくて上質


そんな嬉しい気分の日には
 極上のLOEWEで 全身


Img_5198

匂いフェチとか
足フェチとか
尻フェチとか

ワタシそういうプレイ大好きなんだけど

なかなかそういう方とは 巡り会えない
(なぜだ!?)

Img_5193


相手の恍惚な 表情と
自分の世界に入っていくのを

上から見下し あざ笑う
床に転がし 汚い言葉で吐き散らかす


Img_5196

レザーは媚薬です

相手を イかせるのは もちろんですが
こっちも 本気で イク  

興奮のるつぼ


Img_5200

|
|

« 快楽の一句vo.1 | トップページ | Recollection »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527010/68945712

この記事へのトラックバック一覧です: フェチの フェチ:

« 快楽の一句vo.1 | トップページ | Recollection »