« 相伴う | トップページ | 目は口ほどにものを言う! »

2016年8月23日 (火)

福岡らぶほ vo30

エロティカから 移動も近いのは 平尾のラブホテル街です
閑散とした住宅街にあるので 
駐車場も広く
お車で移動の方には オススメ

エロティカのホテルリストは こちら
ビジネスホテルやシティホテルも大丈夫ですが
狭いシングルユースだと
廊下や、隣のお部屋に 声が漏れちゃうので
思い切り120% ア・ソ・ブ・には

やはりラブホテルが オススメ


このお部屋
リノベーションされていて
磔台が ありました


Img_5848

ギロチンチェア

Img_5849

男性には 首回りがきつそうでした

Img_5854_2


Img_5859

器具などの不具合で 耐え凌ぐ姿は見苦しくて
好きではない

こういう気遣いも
S的 腕の見せ所

受け身に大切なのは 「受け身」の体勢にさせてあげること

マゾは 苦しいことを女王に伝えるのが苦手です
汲み取ってあげること

体勢が整ったら そこからが責めのスタート
チェアに縛り付けることが スタートだと思ってはいけません


スタートさせる支配感も
Sにとっては 興奮のスイッチ


Img_5850


床は広々として プレイルームとしては
とっても使いやすかったです

よくあるラブソファとローテーブルが・・・ないのです・・・!

ウッドカーペットなので
蝋燭もお掃除しやすい
濡れても 拭けばよし


ただし 四つん這いしすぎて
膝が痛くなる可能性あり


こういうときも

「お許しください」

っと 言わせるまでの かけひきの案配がポイント
マゾは 四つん這いになりたいくせに
四つん這いの 姿勢に 慣れていない方が多いからです


Img_5852

Img_5853

ワタシ的主観ですが

マゾは 床に這いつくばってる姿が
美しい


Img_5861


ホテルライフ 大好き
こういうお部屋は
そこにいる空間だけで 非現実に陶酔できます
わざわざ こういうお部屋を選んでいただき
ありがと

お部屋を出た瞬間は
グッズに入ったバッグの重たさに気がつき


やっと 酸素呼吸ができ
 達成感に浸れます


このマゾ男に関しては
また 違うタイトルにして 書きたいと思います

|
|

« 相伴う | トップページ | 目は口ほどにものを言う! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527010/67145360

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡らぶほ vo30:

« 相伴う | トップページ | 目は口ほどにものを言う! »