« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

脱魂スカトリーナ

このくっそ暑い中

かき氷とか 食べたいよね


しかしこのしもべ 食べたいものは 違います

知り合ったのは   「 1991年夏です」

上には上を
ツワモノは いるものです
(前回のブログのように計算はしませんが・・・)

連絡がこないときは とことん ”ない”
思いを 我慢してるんだと・・・!

そして必ず夏になると
一晩中 携帯が鳴りまくる

1年分の 思いをぶつけられる
想いではない  ムラムラ溜まったフラストレーション

(それ・・・毎回聞いてるし・・・この20数年ね)

Img_5248

フェチ男って 一緒にいても

時空が違う

ぶっ飛んでる感を 足の指から感じる
触ってるけど 触ってない
完全に 違う世界に イっちゃってるわけです

抜け出せないブラックホールに ぐいぐい吸い込まれる
恐怖と
緊張と
快楽が ひしめく


前夜から 食べ物制限して 
本番  

内面から出る排泄物で
ぶっ飛ばす

Sz7ts2iqmzttj3b1469948660_146994886

おまえは 便器

ワタシはその 違うとこにイかせるという使命感に
支配感 

  達成感を感じる
それが 責め女のエクスタシー


イク ヌク とは 次元が違うんです
射精は厳禁

もちろん デトックス& リサイクルも含め・・・です


Wlplsvzkjq_w0im1469950835_146995089


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年7月28日 (木)

初心忘れるべからず

先日は
知り合って20年のしもべと

ランチに行きました

20年ってすごいよね

おぎゃーって生まれて成人式を迎えるまで
といえば 時の例えは解りやすいでしょうか


しかし月に1回 会うか会わないか
年にすれば 10回
× 20ですよ

回数にしたら たいしたことない


でも大切なのは

会わない時の 時間 です

ワタシ 現実逃避型なので 実際会ってる時間って
そこに 心あらず
(このしもべに限らずね)

彼に聞きました

「この長い関係性は 何が魅力なの?」


「秘密ごとの共有」
っと 答えが返ってきました


・・・なるほど・・・


一番 嬉しい言葉かもしれない
20年にして やっと 主人の悦ぶ言葉が言えたのか

「好きだから」 とか
「会いたいから」とか
そういう うざい言葉が返ってくるんだろうな〜って
思って
目を吊り上げてた矢先でした


懐かしい若気の至りを 振り返るのではなく
初心を思い出して

「初心者の頃のみっともなさ」を
大切に

その秘密ごとは
墓場まで持っていけ


その想いが
ワタシからの守るという 共有

Img_5110


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年7月24日 (日)

Girls Talk

最近

週末は 悪友Aのおうちで パジャマパーティー

Aのおうちは がらくたいっぱい
散らかり方が 半端ない

なぜだろ
マイナスイオンが流れてて
落ち着く
この不眠なワタシが 爆睡できちゃいます

けして 美味しい食べ物や お酒やお花の
おもてなしが あるわけではない

気を使わない、使われないほうがいい


Img_5175


これと チーズだけ  最高なんです


ワタシは小学生レベルの外国語で
彼女はカタコト日本語で

朝まで 爆裂ガールズトーク!


積み上げられたブランド靴箱を お披露目しながら
戦利品の ショータイム

洋服を何着も着替え
靴を何着も履き替え

「オンナだからね  お買い物好きはアタリマエ」

ヴィトンのエナメルのピンヒール
う う 美しい・・・

もう ほんと女子の裏側ね
素顔でいれるって いい感じ


さて・・・今夜も 今からネオン街に まみれてきます

しかしなんで 女王様をやらないのか!!!って
不思議です

美しく 棘がある女子
大好き


Img_5177


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年7月22日 (金)

NOW!

Time and tide wait for no one.

「歳月人を待たず」


Img_4767

きみの センスの悪い下着を思い出しながら

たまには プレイ中に
書いてみた

Img_4771


ポケモン より こっちだろ!!!

Img_4931


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年7月18日 (月)

エロスの定義

エロスの定義は

5感で 感じること

目で見て
匂ってみて
食してみて
聞こえてきて
触ってみる


あなたがた  どれが 一番重要???


男性は 「目で見て感じる」 が 多いですよね
セクシーな 下着姿とか
ちらっとのぞくスカートの中身とか
胸の 谷間とか
雑誌や AVとかも お世話になってるんですよね


匂いはどうでしょう
石鹸やシャンプーがほのかに香るのに ムラって来る方も
多いですよね
この夏には 汗臭さとか
冬には ブーツの蒸れた匂いとか

自然な 生活感がポイント高め

「食す」は
ちょっと またいつかの機会に書きます
(DEEPに なりそうなので)


耳に入ってくる 声や言葉も
脳を 直接刺激しますね

女性のエロい声は  音階でいうと ラ(A)の音らしいです
ラ の 声を出す女性は モテるそうです

(その喘ぎ声 ?!日本人には多い気がします)


「触る」

これは もう絶対的な 萌え行為なので
生殖本能のフィジカルで野生的なパワーの 源として

祝祭として受け止めて
オンナもオトコも 愉しんでいきましょう


ワタシ自身は
変なこだわりや概念、上記の一般的な価値観
壊すことで ちっちゃな世界観だな〜っと気づき
 エロスを学びます


あまり興味のない下着屋さんに 行ったりしてみました

Img_5071

パステルカラー!? は
ワタシのカラーチャートには ありません でした
下着は 黒!!!しかつけなかった主義
レースとか刺繍とか好きじゃない


むしろ 下着をつけることが 好きじゃない

でも たまにこういうブラジャー&パンティーは
刺激的 
みなさまには日常のエロスかもしれませんが
ワタシには 非現実で いい

たしか、女装子ちゃんは パステルカラー好きだよね


Img_50691

<チラリズムなエロスが できてない写真だ
次回は チラリズムについて  学ぼう>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年7月12日 (火)

マゾマゾミーティング

このマゾは

プレイのことを 「ミーティング」と 呼ぶ

なんで ミーティングなのかというと

お互い 語り合うことが半分以上
プレイは ほんの数十分かな

Img_4952


口から 言葉を発することも
ストレス発散になる
こんな変態話・・・どこで 誰にできますか


ワタシは わがままぶつけ放題
厳しく 毒には 毒を
内面デトックス 大切な行為

二人ともが 同じように
感情をぶつけ合えるって

いいね


ワタシは女王ですが
マゾの意見も ききます

あとで ぶったぎるために


Img_4955

なにせ 内面は ギャル男

2ショットを 撮りたがる うざい奴


Img_4956

「刺青は お許しください」


はい マッキーで書いたのか!?   しょぼい奴

Img_4951_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年7月10日 (日)

EROTICA 楽屋裏

今日もやっぱり朝を迎えました
1日は 24時間サイクルではありません


「 エロティカの楽屋裏 」・・・なんてタイトルを書いてからの


読んでるあなたは数秒

書いてるワタシは 数時間


今日ワタシと会って笑いあった人たちは 次の日を迎え

ワタシは 今日が終わっていない

Img_4869

<本日のぱぱらっち>

新種の毒をひた隠しにした
            毒女たちの集会


女王様であるべく生き方と
この業
美学 哲学 

欲のエネルギーを沸かすために
油を注ぎます


言葉のひとつ ひとつ
立ち振る舞いの細かさもすべて

あなた方の欲は 試されています


吸収したいのか  吐き出したいのかが
明確な 楽屋裏でした

Img_4930


ワタシの完璧なスタートダッシュ
時間の経過には気がつかず 毒は 自分に回り始めました


ワタシどもは 表舞台に立つために
そんなFROZEN TIMEが必要


寝てるみなみなさまが
だいぶ羨ましいけどね


Img_4922

<プレゼント ありがと>

こんな感じ・・・

<<<音も映像もおすすめ!コメディタッチだけど
いい映画でした>>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年7月 8日 (金)

福岡ラブホvo,29

先日 お伺いしたお部屋
博多駅前 R


白い壁   キラキラしてるって思ったら
小さなミラーがパズルのように敷き詰められてます


素敵な照明

Img_4770


ラウンドタイプの 大きな鏡


Img_4769

Kartellのスタンドライト


Img_4773

ベッドに寝そべると・・・

こんな可愛いライトが ぶらさがってました


Img_4772

トイレも
お風呂場も 真っ白で
感激〜〜〜していましたが
手作業中につき   写真撮るタイミングなかったので 
また次回ね


エロスは感じないけど
女性が心地よく 過ごせる空間作り

暑い夏に 逃げ込む場所としては
最高ですね


この
色のないようで 色のある キラキラしてる空間は
大好きなんです

うるさくなく 一見シンプルだけど
素材で活かすゴージャス感

好きなホテルルーム ベスト3!!に入ります

Img_4784

よしっ
インテリアショップへ Goooooooooo!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年7月 7日 (木)

寝取られオトコの告白

この オトコ
2度目のセッション

スーツを着たままで  スラックスの下は
女性用の だっさい綿パンツ

チ●ポおっ立てて  待っていた


彼は ベッドに腰をこすりつけながら
うつむき加減で ワタシに言った

「実は 
妻が浮気してるんです
僕の上司と   浮気してるんです」

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!?

「その日からマゾに目覚めちゃったんです。
それを想像したら 興奮して オ●ニーばっかしてるんです」

「毎日 毎日オ●ニーしてます
こっそり妻を尾行し、ホテルに入る姿を目撃して、思わず 車の中でオ●ニーしちゃったんです」


「そんな僕を 罵倒してください」

「もっと もっと 汚い言葉で罵倒してください」

あ〜〜!? 助けて リカ子!←<<彼女は罵倒の天才>>


こんなオトコ
久しぶりに きゅんきゅんです
甘美だわ


夫婦関係は そのまま持続
妻の放蕩も そのままで

怒ることもない
ジェラシーもない
離婚!?  ないない


考えって様々で
昼の結婚相談室  意見は  異なるよ
一般的な 感覚からはずれまくっている
そんな
ワタシに相談しても ずれまくってるよ

いい?
それでも  いいの?


そこ   可愛くて愛おしい
あ〜〜〜〜〜かわいくて仕方がない
そう
もっと 自分を戒めなさい

もっともマゾらしい生き方を 選ぶのよ


しかし いやいや  罵倒しなければいけないのだ


「この くそ変態野郎!!!」
「情けない夫ね」

「クズオトコ!!!」

「おまえなんか 一生しこってろ!!!」


あ これ 思ってますが 褒めてますw


久しぶりに こんな変態に出会えて ココロが躍った

ワタシの思う変態とは・・・
現実と妄想とのクロスロード 

ここにたどり着いたときが 究極の選択
どちら側を選ぶのか

結果

・・・が・・・変態なんです


ただ  ただ  肉体が欲し
俺 どMかも〜とか言って
女王様ごっこするような
射精するだけの 薄っぺらいMとは 違うのです


「妻が浮気したあとの 妻の下着を臭いながらオ●ニーしています」

「妻のこと 好きなんです」


このオトコにとって ワタシはなに!?
女王様ではない


そこもまた かわいくて仕方がない
あ〜甘美だわ
甘くて 美しい

愛は 歪んでてこそ美しい

Img_4777


罵倒のみだったので
ワタシの思いは話してないから
ここに 記すよ


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年7月 6日 (水)

福岡ラブホ vo,28

暑い夏の
大人の避暑地・・・


このホテルは 駐車場〜エントランスから リゾート感満載!

Img_4244

ただワタシたちSM嬢は
重たい荷物抱えて 
高めのピンヒールで

入室するまでが
かなり過酷

Img_4245


階段
フロント
お部屋 までが

遠すぎるんです


Img_4247

しかし 試練はたったそこだけ
お部屋に入れば 天国です

設定温度 20℃     涼しい!!!

さっきまで汗ばんでた肌も
すっきりサラサラ
網タイツなんか ふぁくでしょ


夏は・・・素足率 高め

M男ちゃんも 
この空間味わうと  ひとつの中毒になるのが わかるわ


女王様と密会するのに
大切な ツールだね

ゆったり大きなバスタブに浸かり
お酒を嗜んで
卑しい妄想をしながら
女王様が来るのを待つ 


ノックが聞こえたなら
四つん這いで 待つ

Img_4418


ホテルライフ 極上です
福岡の ラブホのことなら ワタシに聞いて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年7月 1日 (金)

Road Movie

毎日 毎日 道行(みちゆき)です


いろんな出会いがあって
別れがあって


走ったり つまずいたり


自分のシナリオを 自分で描いて 演じる
背景を見て 思い出す人がいる

今日 話したセリフは もしかしたら 演じてたのかもよ
今日の涙も どこぞの女優には 負けてないかもよ

浦島太郎になってもいいよ
演じてみろ


Img_4662

ぶれずに ゆっくり歩こう
横道の美味しい水に 流されるな

⚪︎好きな ロードムービー⚪︎
(アダルトばっか見ないでこういうのも見ろ)



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »