« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月25日 (土)

UNDERGROUND

今夜も パーティーモンスターの集う会

さすがに くたぼろ
今夜で千秋楽でお願いします


Img_4587

Img_4522

言葉ではうまく話せなくて
体で表現することしかできない
ワタシども マニアは


やはり陽の目は見ずとも生息可能


SとMなんて
S一人では なんの力も発揮できません
Mがいてこそ 輝けます


だからいつも マゾのひっそりした存在感
リスペクト


Img_4577

理解していただけるお仕事以外での
お友達には
ワタシの リアリズムはお見せしたことがなかったので

ここはひとつ こっちの世界へ ようこそ

映画「セル」と同じくね
ワタシの夢の中ではワタシに力があり
あなたの夢の中では あなたの力は強いから


今日は こっちの世界へ ようこそ


上下関係もなく
左脳ではなく 右脳で
利害関係もなく いきましょ


そんなアングラが 心地いいのよ


Img_4517


また今年1年もよろしく!!!


Img_4571


ありがとうございます  CANDY

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年6月24日 (金)

遊女

よそ様の M女と遊んだ日は


所有のM女の元へ還る

外で 浮気してきた旦那さんのようにね

朝帰りの 言い訳込みで

「ただいま」って
機嫌取りの 手土産でも 持って ・・・ぱんいちになる


表で ギラギラやっちゃった後は
裏で いかに吐き出すかが 必要で


ワタシの おうちでの背徳感は

メイク落とさず ソファで朽ち果てることと
くわえタバコで 食事をつくること


遊ぶ女の 裏バランス


Img_6700


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年6月23日 (木)

誰かに喜んでもらうために

毎夜 パーティーは続きます

今夜はいったい何人の子を 縛ったかな
足は クタクタ


半裸で
本能をむき出し
変態行為の最中

喘ぎ声や 鳴き声の中の
オアシス


何人もの人から

この言葉を聞いた


「誰かに 喜んでもらうために」

「⚪︎⚪︎に喜んでもらいたいんです」

たった1晩で


何人もの人から この言葉が聞けますか?

ココロに響きます

会社の朝礼マニュアルや
なんとか活動団体じゃないよ

マゾの吐くありきたりなプレイ用語でもないよ


「誰かに喜んでもらうために」


体は比例して ど変態に快楽を覚えたとしても
こういうピュアな想いが ぐっときます

縛り上げたとか
お高いワインとか どうでもいい
仕留めた獲物は 新鮮でピュアなほうがいい

そこが大理石の床でも
畳1畳でも どうでもいい

Img_4470


Img_4471


誰かのために
は 時に善であり 悪にも化します

自分はどうなんだろって
思い返した 夜    (いえ朝・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年6月19日 (日)

無言という責め

おまえの 理想像には

答えて あげるよ


ワタシの 思想は

教えて あげない

Img_4418


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年6月16日 (木)

FREAK A HOLIC

お誕生日のお祝いをしていただきました

題しまして ”ブタどもの集会”

ある国では 大切なお友達や家族を お家に呼んで
お誕生日の側が  お酒や お料理をふるまいます

そんな感じでの   ホームパーティー

エプロン奴隷が作った食事
やっぱり料理ってすごいです


料理の上手な人って 尊敬します

それだけで
明日の活力  血肉となるエネルギーを いただけます

その勇姿が 美しい
ふだんは ゲスで卑しくて 醜くて
つっこみどころ満載なフリーキーな姿
でも

ココロと胃袋 鷲掴み
その 勇姿が美しい

遊んでばかりいますが

いえ きちんとお仕事もこなしてます

もうすぐデビューの新人女王様のブログも
作りました!
ちょっと早いけど この勢いで
フライングゲット!


嵐ジュリア 女王様


もうすぐ 生まれます
ふつふつと 動いてます
こうやって 時は流れます

Img_4414

Img_4373

Img_4367


みなさま 集会ありがと
お花もプレゼントも嬉しいけど

こういうメッセージが 一生物で かなりあげ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年6月13日 (月)

出逢いのタイミング

もうすぐ

新人の女王様が入店いたします

出逢い(面接)から数ヶ月
ワタシは すぐにはデビューを決めません


まずはじっくりと
いかにココロをオープンにするか
いまある環境
過去の経験
性癖と向き合うか

色んな尺度から相手の"想い"を
判断します


最初お会いしたときの、彼女は
すごく渇いていた

数ヶ月経ち
今夜は すごくヌケテいた

会うたびに 綺麗になっていき
話題も豊富になり
会うたびに新しい発見が、感じられるって

こういうこと
女王としてではなく オンナとして
大切です


もっと一緒にいたい
って思ってしまい
ついつい 食事にまで お誘いしちゃいました

(いつもなら
意外と事務的にさっさと別れます)

SM界なんて

見栄や虚栄
嘘やグレーが氾濫してますからね

そんな中だからこそ
ワタシはどこか 冷めてます

が、今夜はなんか違う

同じ趣味(SM)を持ち合わせてる方との
時間の共有が
なんだか新鮮でした
過去にも 数人 これを感じる子はいましたよ

残念ながら 数人ね


なんだか妄想が止まりません
月下美人

Image_3


マゾども
もうすこし待っててね


Image


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年6月10日 (金)

蜜宴

写真や
音楽や
絵などなど
アート熱に うだなれながら

リアリズムの溝にずっぽりはまりながら

今夜は しもべと デート


しもべは 普段はきっちりスーツを着て会いにきてくれるのに
今夜は


Tシャツと  短パン

まるで家族サービス ビーチ帰りのお父さん
小汚い!!


どこに敬意があるのよ

しかし
口から吐く言葉は さすがのハイソ
ワタシからの回答を試すという 話術


<ちょっと 許す>

もう夜もふける頃
テキーラショットガンで 酔ったであろう勢いで
質問返ししてみました


「あなた ワタシとプレイはしたくはならないの?」

食事や
バー
めんどくさくないかしら


答えは・・・

「時間が足りないんです」


wow ナイスアンサー!


ワタシも同じく
時間って まったく足りない
楽しい時間 心地よい時間は永遠であってほしい

さっさとプレイして終わったらはい さようなら
・・・は・・・
内心 ココロ寂しいのですよマゾマゾなみなさま

一緒に乾杯しながら
足でもモミモミさせながら
できれば お風呂で
「お背中流しましょうか」
な〜〜んて言われてみたい


まったり性癖のお話しなどしたいのが ワタシの本心


しかし
時間に牛耳られるのは致し方ないの
マゾのみなみなさま


エロモードが入れば
きっと時間が足りない
そういう意味なのかな


時間の 欲求不満 はお互い様


そう 毎回フラフラと
タクシーに乗るのはこの時間
朝日は ワタシにはタイムリミット

Img_3725_2


でも
時間は作るものです
時間は 一番の敬意あるプレゼントだと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年6月 6日 (月)

眼に映るは灰色

外に出ると

光が少なくて
色がなく
音もなく

ワタシは ひとり
取り残されたんじゃないかってほどに
静か

ひっそりと 静かすぎる此処

眼に映るもの
聞こえる音や声には
インスピレーション感じない此処


何もかも グレーゾーンだね
不自然

静寂と矛盾は
ワタシの中の闇を刺激する

そんなタイミングで
真っ赤なタイトワンピに着替え
ガーターがミニスカートから見え隠れするほどに
いかにもビッチな スタイルで

ホテルに 入る

Img_4247


卑しく 欲深い 豚の待つ部屋

なんの感情も持ち合わせていないはずなのに
タイプでも なんでもないのに


いつもとは違う 衝動があった

ただ肉体を虐め貪る
言葉もなく 無言で  道具は使わず
 髪や 足や股間 指先だけで貪る


豚は 
そのケダモノ丸出しなワタシの淫ら過ぎる責めには
まったく気がつかない様子で
単純な下半身だけで
息を荒くしている
アンテナが 低すぎる

手コキをしながら

”上善は水の如し”


この言葉が ループしていた

手の動きと
頭の中が反共鳴


白黒はっきりしていない
上下もない
そういうグレーな色は ワタシを闘牛化させる

つかみどころのない自分     爆発

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年6月 4日 (土)

ココロ アセンション

数日 愛奴とふたり スペインへの旅に行ってまいりました

もうね 長年の夢やっと叶いました
奴隷と行く海外旅行ね


それは それは珍道中

またの機会に旅ブログのほうに書くとします


帰国と 同時に


自分の 獣臭がぷんぷん
本能が毛穴という毛穴から 臭い溢れ出た

一気に カオス現実

Img_4227


頭で計算しては だめ
肉体でイキ果てるなんてだめ

S男性とM男性との 饗宴

こんな獣の自分に向き合い
もぐる夜

ココロが ふわふわする
マイナスイオンの時間が流れる


衝動的になることが度重なり
また新たな自分に気がつきました

自分探しの旅には、お金もかかるし、時間もかかる

でもそのぶん何にも変えられない達成感、疲労感、
絶頂悦楽が得られるのを
ワタシは 知っています

ココロが感じる絶頂   共鳴しよう


Img_4082


手なんか触れた事はないけど
穴の中で 指をつなぐ
そして やっぱり朝

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »