« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

ココロの大掃除

昨日までは
書きたいこと やまやまだったのに

ボンデージを脱いで
化粧を落として
着替えたら


全部ゼロになりました


7


ココロの中のメモリーは
綺麗に大掃除しないとね
いっぱいになったらぶっ壊れる
<しかも自爆>

パソコンの中も
整理しました
いらないメールを捨て
いらない写真を捨て


メルマガ購読してるスピリチュアルなサイトから
珍しい新月について
メッセージがきてました

「それはきっとあなたのカラダの
陰と陽のバランスへの
祝福となりますから」


2014年の1月1日
元旦は
新月
19年に1度巡ってくる
太陽と月の出会う日らしいのです


自然との調和を信じてます
来年は何をしようかな


野望でいっぱい

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月28日 (土)

年末のご挨拶

こんな 年末のご挨拶


1

卑しいお口は お仕置き

2

下のお口も 綺麗にします

3


浣腸して おむつつけてあげて
館内を 優雅に!?お散歩

4

その間 ワタシはスペインワイン

楽しいことは 自分でつくらなくちゃね!
彼の 格言

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月27日 (金)

Alone

みなさまは素敵なクリスマスを
送られましたか

ワタシはこういうときぞ孤独に浸り
タバコとコーヒーでワーカーホリック
ひとりでも至福を感じれるお年頃に
なりました

来年に向けての準備をやっております

今年を振り返ると
元旦から なんだかすごいエネルギーが漲りました

会いたいと思う人と会い
行きたいと思った場所へ行き
食べたいと思ったものを食べ
やりたいと思ったら ヤル


とにかく無駄を省き シンプルに
自分に正直に
そしたらかなり自由になれました

そこも含めエネルギーが沸々と
わき上がりました
アセンション

アシュタールからの言葉を引用しました

大から 小へ

大企業から 個人商店へ

ピラミッドから 横並びへ

目に見えるものから 見えないものへ

論理から 情緒へ

左脳から 右脳へ

外側から 内側へ

恐怖から 愛へ


反転が はじまっているらしいです

誰かといないと寂しい・・・と思う気持ちではなく
依存しないことの心地よさ
孤独と無音を 楽しめちゃう訳です

開き直りではないよ
くりぼっちでもないよ


H4vt3wgbmkr6f001388080731_138808093

しかし
今年も一年やり過ごせました
 みなさまありがとう



変態よ 大志を抱け

ワタシは 来年も変わらず
サディストというより
変態どもの理解者でありたい


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月24日 (火)

Holy Night

crazy christmas
a crazy christmas 写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月22日 (日)

Hunting

いつもなら

歌って 踊って
我を忘れるほど遊ぶクラブですが
今夜は おとなしく静かに


ぼーっとしていた


網を張ってたつもりはなかったが引っかかった

「あばずれなんです」
なんて 普通に普通の場所で自分でいうか!?


一瞬で
変なスイッチが入っちゃいました

罠はこっちから仕掛けるから楽しいはずですが
言わずとも のこのこ現れる

7

野放し 未調教なM女

6


男たちの視線も 相乗効果で
アナルで イク


ワタシは人様の店で
すっかりキャンディホールだと 思い間違えた

やっぱ どこいっても
野良を捕獲しちゃうんだよ
なんかワタシ変なフェロモン湧いてるからか


たぶん
今遊ぶとこなくって
なんだかみんな欲求不満なのね

そして今夜も朝帰り


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月21日 (土)

響宴

今年も後10日で
終わってしまうよ

みなさまも
今年の垢をデトックスしにきなさい


ワタシも ここ数日は
朝までパワー全開で
自分自身をデトックス
宴が続いております

今年一年を 漢字一文字で表したなら!?
なんてTVで言ってたのを思い出した


ワタシ なんだろ

「望」


二文字だったら 「渇望」

昨夜は クララちゃんが面白いこといいました

4

「食欲 睡眠欲 性欲 以外に興味がわかない
生きていくのに必要なことだけが 自分に必要で

それ以外の
音楽とか遊びとか そういうものは
不必要
サブカルチャーなんです」


って・・・


わお!!!
その考えだったらワタシは
サブカルキングですよ!!!

言葉遊びは 宴のスパイス
いろんな価値観が伺えるのは
ワタシには 割愛です


3


そんなこと考えつつ
しもべどもへの
クリスマスプレゼントを 物色中

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月19日 (木)

ジキルとハイド

今日も充実しきった一日


年末の大掃除をして
プレイを堪能して
クラブで 踊って
朝ご飯食べて


胃が痛い


二重人格どころでは足りないよ
ワタシの顔


SMやってると

どっち側の自分が
一番自分らしいのかが
ときに わからなくなる

バランスを崩すときもある


第3者の意見は 無視したとして
自分らしいテンションで
気持ちいいときが


これがワタシなんだって思えるときを
自分でわかってる

理性が抑えられていないとき
演じてないとき

いや

理性を押さえてるふりや
演技が完璧だったときも

3

ふたつの顔が笑ってる

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月17日 (火)

福岡ラブホvo9

どこから湧いてくるやら
さすがにクリスマス前は


車と人が多すぎる


なので、昼下がりの逃避行


なんと!和室!

Image


電話で空室状況を問い合わせたら、

「高いお部屋しか空いておりませんが…」

アソビたいときに、
金銭感覚は関係ないんだけど
高いって、どのくらいなんだろ


Image_2


休憩 14000円

理にかなっていれば
そう高くない

Image_3


西陽が煌々に当たる和室
SMプレイ用の要素はないけど


癒し空間


ガラス張りの大きな浴室
しもべのせんずりを
視姦しながら

お風呂に入った


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月15日 (日)

美徳と悪徳


先日のブログにあったワード「背徳感」ってなんですか?
って
質問があったので


ふと、この映画を思い出しました。
映画よりも、オフィシャルサイトがいいの

クイルズ です


マルキドサドの晩年を描いた映画です
サド公爵役は ジェフリーラッシュ

ジェフリーラッシュはまりすぎ


映画自体はそんなに濡れ場も暴力的でもなく
ワタシには物足りなかったけど


美徳と悪徳

答えは 自分で見つけてください
まずはサイトみてみて→→→http://movies.foxjapan.com/quills/#

もう何年も前の映画なのにまだサイトがあったのが
びっくり


いいものはずっと残るね

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月14日 (土)

CANDY VICE

この季節は
飲み会 パーティーが続きます

自由を求めて夜な夜なさまよい歩いてます
足フェチ奴隷が恋しい毎日

そんな多忙の中
先日は新人さんの撮影を行いました


今までの自分と こっちの世界との狭間を
行ったり来たりしたような

不安と緊張感を見守りました

初めてのボンデージファッション
Tバックでお尻丸出しにし
仁王立ち

そんな初めての経験は
どう自分を表現するか迷いますよね
ワタシにも むかーしむかしに
そういう経験がありました


・・・が・・・


いえ、見守ってない

カメラに向かって
「毒を吐け!! もっと悪を見せろ」
なーんて

ココロの中では 
何かに目覚めることを望んでいました

ワタシの思う美学は
背徳感
表の顔と 裏の顔

美しいだけなら
他にいろんな方法がある

エロスには
過激さと 上品さ
だから本当は 真っ赤な口紅が
はみ出してしまうくらい


ドロドロした何かが
さらけ出せるくらいがいい

1_2

2_2


冬に撒く種
芽吹いてくれるのを 待ちます

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月12日 (木)

TOY BOY

「今日の女王様〜なんか違います」


って


寝起き早々からのセッションは
気分的に まったくハイにならない

思っていましたが


11

朽ち果てた老体と
使い物にならない ぶらぶらした醜いイチモツ
立ちもしないのに 興奮してる卑しい裸体を
見てたら


やたら虐めたくなったのよ


5


だから今日のワタシは 違ったんだと思う


31

オトコは通常 いっちゃったら終わりよね
イッタ後の
萎えた情けないイチモツの方が

好物

4_17

朝のコーヒータイムが
楽しかったわ


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月10日 (火)

Bite Me!

ひざまずく姿が 興奮するの
ワタシの腰をなでながら すーーっと
床に墜ちる瞬間

足元で ずっぽりその世界に入る瞬間

目線は上目使いになり
自分の中の悦に浸る


なかなかそんなロマンティックなオトコには
出逢えない


ほとんどは
頭をわしづかみにして
無理矢理 床に押し付けるしかない


心意気を見せてもらうために 
三つ指ついてご挨拶させるしかない

口べたで 自分の想いはひた隠しにし
なかなかココロを開いてくれない

内側の狂気を 引き出す為には
縛ったり 叩いたり なじったり
壊れたTVのように まずは叩いて スイッチを入れ直す


そういうの 自然ではないよね
自然にいたいから 
躾をするプロセス

ワタシは産業サディストではない
責めて虐めるのが 好きなわけではない


ビデオみるときも
本を読むときも
食事のときも

ワンチャンのように 床に座ってる姿が 愛しい


「何か飲みますか〜?」って気遣い
自然体が かわいい

普段の生活の中でも
サディスティックなフィルターでしか
ものごとが見えないし
ギャップはほぼないけど

それワタシのうそのない愛情表現3


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月 7日 (土)

EROTICA面接ラッシュ

エロティカは随時 女王様募集中


毎年毎年 12月って面接ラッシュなんです

おおよそ1、2時間お話をします
容姿はもちろん
生い立ちや自己主張性、
現職や家族構成などなど

まずは表の顔を判断します

SMクラブだからって
金銭目的の方は ほぼアウト

SMが好きかどうかがまず第一です
M男ちゃんのニーズを考えて
第3者的目線で 見極めます

興味があるけど 経験がない
って 子が 魅かれます
階段を上っていく姿が美しいと思う

あとはまじめさ
まじめさって メリットもあるけど
デメリットもあるんですよね

SM独特のかけひきやゲーム感覚
遊び心 がわからなくなったりね

表の顔
裏の顔のある
ギャップ萌えがいいですね


ワタシ自身 タトゥーとかボディピアス
ファッションも派手にやっちゃってますが
そこは さておき

普通っぽい女子が
豹変する姿が
興奮します
(ここは個人的主観です)

やってみてだめだったらだめで
仕方ない
やらずして だめって思うのが だめ


キラッと光る影を持ち合わせた子が


みつかればいいな

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月 5日 (木)

食わず嫌い

SだMだと
普段のノーマルな方々も平気で
口にする時代になりましたが


果たしてその感覚はどこからくる?

性格なのか
性癖なのか


経験から?
想像から?


ただいまお仕事真っ最中
しもべがブーツを磨きながら
ちょっと退屈なので
ほんのメモブログ書いてます

ワタシ、マニアの意見から考えてみると
ワタシたち いちいちSだMだって そんな
会話はしない

どちらかというと 横目でスルーする

Mだけど 縛りはいやとか
Sだけど 縛り方は知らないとか


<やってみて 経験を経て
自分に気づくこと>

が、他では味わえない良さです
精神論はまたいずれ書くけど

あれはいや これはいや
・・・では もったいない

食わず嫌いは いろいろ損をします


書き出したら 枝も出てきちゃったので
また 後ほど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月 3日 (火)

もうひとつの顔

ワタシは 自他ともに認めるブラコン
夫婦か!?と間違われるほどに

仲のいい弟がいます


弟の経営するお店
スペインレストラン
CAFE DEL CANDY


おかげさまで 12周年を迎えることができました

ここからはぷち暴露ですが
思えば12年前
弟はニート同然
ワタシのおうちに転がり込み


一緒に お店用の装飾品(椅子とか 家電とか)を
探しにでかけていました

スペイン行くにもお金がないし
鍋 買うにも お金がない

とにかく情熱のスペインを表現するのに
アットホームな手作りな お店を目指し
1年間計画を練り、1ヶ月でできあがったお店です

そのころパソコンも使えない弟に
ワタシがメニューなどなど作りました
(今でもデータあるけど ださださ)


そんなニートな弟の12年の歳月で学んだこと
勇姿をみてあげてください
(増えたのは財力ではなく 体内脂肪)

スタッフも総勢な数が入れ替わり
どの業界でも同じく
人材教育には 大変な労力が必要でした

ワタシは影武者
陰の 相談役


そんな彼のこぼした言葉

『早く店辞めたいなー』


経営者のみなさま
とくには男性陣
こんな夢を持って仕事してる人、いますか?
びっくりです


ワタシもこういう言葉
放ってみたいものです

Dscf0238

今でもスペインに住みたい夢は
兄弟そろって 変わることはなく
情熱と誇りだけで
がんばってます


12月1日 は一つの節目


いまある人生 みなさまのおかげです
今までもこれからも ありがとう


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »