« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

日はまた昇る

一日っていつ終わってくれるのだろう
また 朝がきた


日はまた昇る


ヘミングウェイとおんなじよ
日々のやるせなさと苦悩

演じる夜を過ごすの


そんな朝6時

かるがもが 2匹 車道を歩いていました

Dsc03453


幻覚!?

近くに 池も湖もない
ありえない

ワタシは本当にやたら動物と出逢います
今度、旅ブログにも書きますが
ワタシは自称 野良犬です

なのに 今度はかるがも〜〜〜〜!?


さすがに捕獲するのは難しく
警察に電話しました


Dsc03455

なぜかるがもが
あんな道路にいたのか

なにかのサインでしょうか
ご存知のかた 教えてください


そしていま 帰宅・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年4月29日 (月)

変質日和

世のみなみなさまは
ゴールデンウィークに突入でしょうか


ワタシ
プレイラッシュ

Mたちの 欲望

卑しく
淫らで
秘密の部分を さらけ出す

秘密は
秘密だからいい


ワタシはその秘密ごとを
おまえたちの一生残るトラウマにしたいの

今夜はコレにやられた

【毛皮のエロス】


偏愛エロスの目覚めから
どんどん墜ちていく姿

偽って生きる幸せじゃなく
自分に正直に 生きる姿


墜ちて行くようにみえるけど
違う 
昇天していく


「ホンモノのフリークスを探すんだ」
ってフリークスがいうセリフが


頭の中から離れません

キッドマンの裸はまったくエロスを感じず
もはや
性癖をカミングアウトしたって思える
嘘のない美しい瞬間でした
(@ネタバレ)


美徳と 背徳
こんなに考えさせられる映画は
久々でした

「あなたの 秘密は?」
この問いかけも 今のワタシに
ぐっときた

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年4月27日 (土)

人との再会

春は別れと出逢いの季節といいますが


ワタシには”再会”の多い今日この頃

遠い過去の記憶となっていた
あの人やこの人
あんなやつや こんなやつ

もう本当にたくさんの方々からのコンタクトで
脳内MAXです

メールだったり
電話だったり
メッセージだったり


嬉しい限りです


財も富もないですが
人とのつながりが
私の一番の実です


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年4月23日 (火)

KANPAI

20


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年4月22日 (月)

HAKATAを旅する

近くにいすぎて
見えないものっていっぱいありますね


お友達のカメラマンさんと
美術館巡りをしました
初めて 西鉄バスに乗りました

14


ちょっとした旅気分


福岡の街にはアートがたくさん

12_2

いいでしょ コレ


アートを追求するひとたち
たくさんいて
インスピレーションをたくさんいただきました

アーティストは誰かに媚びてはいけない
自分のやりたいことだけを 表現することだって
誰かのお言葉を思い出しました

15

こちらは大好きなロシア人アーティストさんの
作品

16

こちらはお気に入りのセレクトショップにて
ワインとチョコ で ちょっとブレイク
お洋服買ってもいないのに ありがとうございます

13


刺激ってなんなのかわからなくなってた
ワタシに
とってもいい刺激となりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年4月18日 (木)

ショーケース

先日のヨーロッパ

10_2


某所クラブ
となりは警察 クラブの目の前には車の縦列駐車は
アタリマエ

ニホンでは風営法が厳しくなってしまい
コレ、ありえませんね


9_2

天井一面 超ばかでかい シャンデリア
こちらも はんぱないVIP

SMショーはしなかったんだけど、
ショーケースでのひとこま

2_2

会場全体にいろんな 仕掛けがあり
床から 空中から 
フェティッシュでセクシーなダンサーたちが
いっぱい


5

唯一の一枚
唯一のニホンジン

SMではなく ボンデージコスチュームでの
ダンスパフォーマンスをしました


6

<終わってからのオフショット>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年4月16日 (火)

ポジティブに

情報が増えすぎて
いらないことも増えすぎる

なにかを実現させたいときに
ワタシは大きく妄想を いえ空想を
何時間も
何日も 構想を練る

いらないものはすぱっと切り捨て
新しいものを取り入れる準備をする

大きく抱く妄想が
思い通りにいかないことも
ハプニングだと思えば楽

次のステップへの準備だと思えば 楽

思い通りにいかないから
もどかしく、切なく、ココロに残る


Mのかたの多くは
妄想を”こだわり”としてるケースが多いけど
”こだわり”という自己主張と思考は大事にしていいけど
あとでネガティブになるのなら


実現不可能だと
性欲は謙虚であるほうが 楽

次への期待につながるし
性欲は 満たされない方が 
もっとディープに 妄想できる


諦めることより
最初から期待しない謙虚さも 楽
そういうポジティブシンキングだと

なにかを捨てる強さも生まれ
もっと可能性は広がるんだと 感じる

そのとき感じる達成感 やり遂げた感
大きい


Photo

肉は肉

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年4月15日 (月)

毒牙

ヨーロッパから
無事に生還しております

帰国と同時に
どこから書いたらいいのかわからないほどの
ネタ豊富な
タイトスケジュール

春は変態のわく季節

それに向けて勝負靴


S_img_8056

パリでの戦利品
念願のC.Louboutin 
履いてるだけで 気分が高揚する

S_img_8055


ルブタン氏はこう語ってます

私は女性に、
私の作る靴をファッションとは別の領域にある、
美の対象としてみてほしい。
靴というものはアクセサリーではなく、
その靴を履く女性の志向性や考え方を示すものなのです。


ワタシの牙
誰に突き刺そうかしら


そして先日は 
山咲美花女王様のイベントに乱入


S_img_81701


フロアに四つん這いで佇むM男たち
獲物を見つけた瞬間に瞳孔が開く

獲物もそれを察知し 身を守ろうとする
おどおどした態度
逃げたいのか 噛まれたいのか

ワタシの牙は剥き出す


完全なるカオス空間
美花女王様とお相手の過激なM子ちゃんのショーで
スイッチが入ってしまい


理性と戦う


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年4月 6日 (土)

情熱の赤

またも見つけてしまいました

S_img_8093


情熱の赤

興奮の色
勝負の色


S_img_8097

赤はワタシのテーマカラー


S_img_8094
こちら超オキニ

お友達のジュエリーデザイナーさまから
いただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年4月 2日 (火)

昆虫フェロモン

やっぱ匂ってくるよね
ぷんぷん匂ってるよね


なんかぷんぷんシグナル感じる

S_dsc08884


シャンプーの匂いがする髪とか
せっけんの匂いのする肌とか
そういうの だめ

香水は大好きだけど
ほんとは
もっと生々しいまんまでいい


PM2.5も酷いけど


ワタシのフェロモンも
かなり有害物質だと思う

Img_6869_convert_20130402081021

LANCOMEのポエム・・・のはずですが笑えたので購入
匂いまったく同じ


こういうのじゃ物足りなく
ぷんぷん してるんだよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年4月 1日 (月)

受難

SMは日常にある
って、リカ子ちゃんのびっくり発言名言なんですが
ワタシ自身はまさしくこの20数年です

そんななんとも罪深きワタシ
今年もイースター(復活祭)に参加いたしました


20130320

<市場で売ってる教会グッズ>

20130328

<街はイースターエッグで飾られます>

国によっては行う期間も風習も違いがありますが


約2週間 命あるもの
肉 魚 たまご は食べずに
今年は
羊の肉と卵で盛大にごちそうをいただきました

20130321
<おうちで子羊を解体しています>


偶然つけたTVで
PASSIONが放映されていました


最初に劇場でみたときは
かなりショックを受けました


あの音とあの微妙なスローモーション
鞭での処刑シーン


罪のないイエスを罵倒し 磷付けて 
鞭でしばく ねちっこい描写
石畳に倒れて苦しみ 責め続けられる
やたらしつこーーーーーーーいムチの音
痛い痛い血みどろの虐待連続

メルギブソン!えぐい!!!っと
びっくりしました

キリスト教では
たまごは 命の生誕の象徴
うさぎは 命の繁栄の象徴

201303311


201303311_2
<イースターエッグ 作ってみた>

そちら側からでの映画がみてみたいですよ
メルギブソン!!
信仰深き方なら、ぜひそちら側から
お願いします

SMは処刑ではなく
エロスの象徴ですよね


そんなイエスの自己犠牲を
なんともSM的視点でしか 想像できなかった
ワタシノ 罪 であります

2013331

<教会でもらったキャンドル けして垂らしておりません>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »