« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月21日 (日)

調教ライフ

我が家は いまイヌ4匹 ネコ一匹
ペットワールドです

エサとスカトロで大奮闘してます

4車線のど真ん中にたたずむ子ネコを保護して
一年がたちました

まだ小さくて怯えて なつかなかったノラ猫ぢるちゃん

1778669401_14


ノラはよほど飢えてるのか・・・
真剣白刃取り!!!  

S_img_3072

しかも!回転焼き!


1779133266_221


コレはホームパーティーで
ダウンしたお友達の上に乗っかってます
呼んでも 抱いても 嫌がるのに
無に化した人間には なつくようです

Mhedvv1mwavexuj_1350776391

そしていま、
こんなにも大きくなりました

6_2

あぁ 時は経ってるのね って感じさせられます


イヌとも仲良しで
うらやましいほど のほほ〜ん

生きてます


7


1歳のお祝いに プレゼントしたおもちゃ
9


毎晩、ピンヒールで疲れたワタシの御御足を
ベッドでマッサージプレイしてくれます

8

足フェチネコに調教

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月20日 (土)

インドア


今日はひとと会わない一日でした


誰かと話すときはとことん 受け身
その会話の内容から ぴんっとくる言葉をピックアップ


ある男性はいいました
「発散させるものは理性 本性ではない」

理性を保つって 難しいです
本性丸出しで 突っ走ってきたからね

理性的に考えようとすれば
どんどん内に籠ってしまい、発散はできなくなる


先日会ったM子は言いました
「Mは利己主義 Sは利他主義」

Mは欲望を吐き出し Sは欲望を受け止める傾向に
あるからかな

たしかに!!!
そこは利害関係がそうさせてしまった
SM界の矛盾

先日はある男性から言われました
「ママはこの先 どうしたいの? 女性として・・・」

女性として!?

SMを趣味と実益で生きてきたし
これからも、このスタイルで生きて行くことに
確信があるのですが
そんなワタシへの、意外な質問であった

ワーカーホリックな自分に改めて向き合った
女王様であるという十字架を背負って歩いているのか


なんて 考えつつ
ワタシからの答えはノーコメント


でも
響く言葉ってあるんです


4

<羞恥プレイでもご奉仕プレイでもない
欲を発散なんてさせてあげないの>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月18日 (木)

禁断の夜明け

けだるい朝


今日起こってしまった禁断のできごとを書くか

今日一日の このごんぶとメイクを落とすか


どっちをやるべきかと迷いつつ
ココにログインするほうを選びました

ワタシはいつもそう
誰かがおうちにアソビにくるとしたなら
おもてなしを重視してしまい、自分のことは後回し


今も
どうしてもこの2次元でのリアリティを
思い返すことでいっぱい


Silencio

Silencio この写真なイメージ

その存在が 夢心地



メイクはそのまま本日終了

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月15日 (月)

For My Friends

ワタシたちは体験するために生まれてきました

いま体験している世界は
そっくりそのまま自分の内面が投影された世界だと
理想的かしら


心の外に欲を求めただけでは
探すとかえって見出せなくなる桃源郷


君の内面が変われば
自然に君の世界も変わっていくよ
そしてその思考と感情の元となっている
観念を見つけ出してください


君の内側で起きている感情は
自分自身で感じてあげること

この痛みをしっかりと感じて
燃え尽きたらいいね

そして
この観念は君の自覚している表面意識ではなくて
潜在意識、無意識の領域だったらいいね


3


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月12日 (金)

LA FAMILIA

こんな写真を見つけました

Dsc07820_2


↓↓↓↓↓↓↓


Lyywskqt66vk7qr_1349991747_mj


弟は肉体もお仕事も成長し続けてます


見た目も性格も 性癖も(!) 正反対ですが
ワタシの唯一の理解者 

ファミリアはスペイン語で家族
前に「LA」がつくと聖家族って意味になるんです


11月にはイベント バルウォークも開催される予定
もちろんワタシも参加します
(ボンデージは着ないけど)


CAFE DEL CANDY

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月11日 (木)

NOT FOR SALE

最近はまってるアメリカンドラマがあります

映画もいいけどホームシアターでは ドラマがおもしろいよ〜と
主人公が「ままにそっくり」と
アメリカに住む友達に言われ
いまさら
しぶしぶ
見始めたのですが


みごと!はまっちゃいました

愛とセックスと
金とファッション
友達

が テーマ
That's Fabulous〜!

映画ってフィクションであり
非現実で、
しょせん映画だから成り立つストーリーで
見応えがあるけど

ドラマはやたら現実的
トークや背景が身近なの

ワタシの一日の過ごし方
一週間の過ごし方
一年の過ごし方

主人公と置き換えて見入ってしまいます

欲に忠実に
もっと自由でいいんじゃないかと思わされる

次のステップに進もうって思わされる

さすがアメリカンドリームって思わされる
「あ!このバッグ同じの持ってる!」
ってとこしか共感した事はなかったけど

もっともっと自由に  
そう思うとこの曲が ふと浮かびました

愛は 売り物だよ

ゲイだとカミングアウトした偉大な作曲家コールポーター


けして売春や娼婦を歌ったわけじゃない
愛は売り物とちょっとニヒルな表現者です


アジアンドリームは
性を売って成り立つ文化があります
ドラマの話からはずれましたが
バッグや靴は簡単に買えるけど

買えないもの、売らないもの
も、あるって思った本日でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月 9日 (火)

シャドウワーク

ぼーっとベランダで煙草吸いながら

性の商品化について考えました

オトコが買う オンナは売る
これ位置づけも決まっていて誰もが認める社会マーケットです

ワタシは誰と会っても どこ行っても
「SMクラブ嬢」です

って はずかしげもなく堂々と言っちゃうのですが
昔在籍していたSMクラブの社訓では 禁止されていました
そこにはいつも「?」がありました

SMクラブで働いているってこと
区別ではなく差別されると 感じること多々あります
とくに 身近な人にはね

身体を商品化してサービスに徹する

誰もが認めてるはずなのに 誰もがタブーとする
売る側も買う側も 誰もが認めないことに関しては
どこか恥を感じ
秘密にする


差別と区別の違いは

優越感と劣等感
与える方と与えられる方
感じる方と 感じてしまう方
の 価値観のレベル

例えばクラブのVIP席
飛行機のファースト ビジネス エコノミー
金と力のあるものは優越感を感じ上下関係をみせつける
サービスの違いに差をつける


例えば 喫煙席と禁煙席
愛煙者は ほぼアウェイな扱いをされる

例えば オトコとオンナ
オトコは責めで オンナは受け身
決まり事かのような 誰もが認める行為

例えば 買う側と売る側
買う方は 上 売る方は 下
お客様は神様です的な、嘘のスマイル

な〜んて
考え出したら 世が明けますし
長くなりそうなので

ここは小出しにしますが

宗教やカースト制度はまた別として
そういうごく身近に感じる
社会的差別ね
ステレオタイピングで植え付けられた情報
小さなことだけど認めれてることに
イラっとする


夜な夜なつらそうにピンヒールを履いて
毎晩同じ洋服で立ってる
年輩コールガールを見かけます
そこいらのVIPたちをエサに
自分の糧にして生き抜く姿

ぬくぬくと買う側の優越感と
寒空の中 星にまみれ 売る側の優越感
きっと誰もが認めないんだろうけど・・・
ワタシは かなりリスペクト

どんな高級車乗るより 意味がある
区別されても差別されても 気付くこともある

Img_5702

ワタシ セクシャルジェンダー

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月 6日 (土)

真剣に  アソブ

こんな夜もあります

5


ワインと
食事
ラブホテルにて


1

ガールズパーティー


オトコはこうなるしか・・・ないのです

3_2


真剣に アソんだ翌日には
自分へのご褒美は iPhone5を諦め、、、
レザージャケットも諦め、、、
コレ買っちゃった


Photo

アソビ心 は 忘れずに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月 5日 (金)

Tougher Than Life

ただいま朝5時

疲れきって
メイクを落とす気力もなく
ベッドでうだうだと横尾忠則を読んでいた

しもべから電話がなる

「ブログ書いてください。パワーください」

だって!

電話を切ったあと、
ワタシは ふと起き上がり
煙草に火をつけ、パソコンの電源を入れた


うだうだしてたら
うだうだしてるんだ!ってことを書こうと思った

そんな日もあっていいんじゃん

なんの約束ごともなく シンプルに
まるでツイッターのごとく
「なう」を伝えれる

時間もまるで関係なく
まま、もう寝てるかな〜とかも関係なく

いま、思ったことを伝えれる
このずーずーしいしもべが
ちょっと羨ましく 微笑ましい


寝てる暇はないぜっと言わんばかりに
小さなエナジーを動かしてくれた


こうして
ワタシノ不眠は悪化するのであります

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »