« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

Coffee Time

いつも暗黙でお世話になっています
某所ホテル支配人と お茶会をしました


初対面


ホテル経営の時代の流れや
風営法 
顧客のニーズは癒しか 刺激か

なんて・・・やたら現実的なお話に花が咲きました

SM不足の福岡
おかみがうるさくなってしまった日本の風俗文化
色を好む英雄はどこへやら

いろいろと回想と妄想をしながら

”新しいことを”


昔はこうだったなぁとか

懐かしむしもべもいますが
そういうの・・・意味がない
置いてイキマスよ


いま できること
これからも できること
ワタシはこの変態どもを 

快楽地獄に導く使命感に溢れております

世のなんちゃって変態どもを
「オレ どM〜」なんて簡単に言わせません

マイノリティな世界だからこそ
付加価値があり
SM愛好者は背徳ではなく、美徳だと思います

(ここについては、またいずれ書くとします)


支配人 出逢いに感謝いたします・・・
コーヒーでこんなに充実した時間がいただけるなんて
そんな関係性 ステキですね


おかげさまで
行き場のない高揚感とけだるい朝
沸々と血が煮えたぎっております

S_img_2116

<大好きなダチュラ満開>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月24日 (月)

2次元

肉体には一切 触れないプレイをした

広いお部屋で
微妙な距離感を保ち

一緒にいるときの拘束ではなく
消え去った痕の 拘束感を命じた


1


ワタシ自身
そのときある一緒に過ごす時間を楽しむのではなく


後に残る余韻で数時間を過ごすのが 好き
一人 妄想を掻立てられるほうが 好き

さて
役立たずはイキ果てたかしら・・・

Photo


3


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月23日 (日)

Outsider

今夜はEROTICAのパーティーを行いました

女王様だけの集会【魔女会】・・・のつもりでしたが
影で支えてくれてるモンスターが集結いたしました


ワタシを普段から
支えてくれてるオトコどもをご紹介します


5_2


3_2

7_2

Img_5437_convert_20120923042924

Img_5571_convert_20120923043033

1_2

女王も時にココロが折れそうになります
そんなとき 集まってくれる
ご支援 ご指導
嬉しい限りです

ピンヒールで足はくたくた
でも
素晴らしい時間、一夜をありがとう


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月19日 (水)

グラインド フィスト


ワタシの拳
空洞の中に入る


中の肉は
どんどんワタシの形に形状記憶された


ここは
弄ばれた経験の象徴ね
美味しい?

喰われたのはワタシかしら


1


ずっぽりくわえたら 絶対離さない
卑しい下のお口

腕と下のお口で 一体化した

圧迫感を感じる
掻きだしたくなる
かき乱したくなる


彼の体は 鳥肌がたって
ワタシは髪を振り乱し 汗だくになって
でも時間が足りなかった
理性を抑えるのは 時間だけね

平常心保てなくなる
ケダモノに腕を喰われ
ワタシノ血が止まり
平常心でなくなる

狭い宇宙体感


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月17日 (月)

タントラ

今日はワタシだけの特別な日


若い頃から
信じている「タントラ」があります

男女のエネルギーの交わり
タブーとされてきた性の抑圧

陰陽の交わる人間レベル

エネルギー交感を探し
エネルギー交流の毎日

表現は違ったとしても
そんなのただ物質的な
表面的なことでしかない


もっと内面からの
湧き出る 毒

愛をもって 毒を吐くわ

ワタシ自身
あなたの妻ではない
あなたのガールフレンドではない
女性ではない 
肉体ではない


エネルギーによって形作られた存在でありたい



肉体とココロと魂で


そんな腐肉に飢えた自分へのご褒美に
コレ買っちゃった

TIMBKTU

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月14日 (金)

Justice

なんだか物足りないフラストレーションで
日々のぬるいプレイの反動か

本気サディスティックモード

血が滴るほど泣き叫ぶ顔がみたい

たぶん
人並みの生活をして
一見幸せな家庭を築き
そこそこの安定がある方ほど

こちらの世界に足を踏み入れたいという好奇心

蚊屋の外に誰かが欲しいのよね
ぬるま湯に浸かってるから、刺激が欲しいのよね
偽って生きてるから 本心をさらけ出したいのよね

その矛先がワタシに向かうとしたなら
ワタシのサディズムはムズムズする


一晩で
【SAW】を1〜ファイナルまで全部観ました
以前も何度か観たけど、今夜どうしても観たかった

ストーリーや描写は
残虐で猟奇的で狂ってるけど

ファイナルでジグソーは それを「Justice」だと言いました
ただのグロテスク スプラッター映画ではない

哲学です
生きることをムダにしてる人への罰や
愛を裏切るものへのリベンジ
社会に対する反発

と・・・ジグソー自身の生きる価値

深すぎます
感無量です
 

ゲームであり フィクションです
ワタシノ世界も 同じく

ゲームであり フィクションかもね
(あのヘッドギアには負けちゃうけど・・・)


まさに!MAKE YOUR CHOICE


あ〜血肉が恋しい季節よ

(人肌が恋しい季節とはいいません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月10日 (月)

魔女会Week

今日って日曜日だったんですね

いま、何時!?とかわからないほど
毎日 毎日 女友達とデートしたまる一週間でした

女子会なんてもんじゃないんです
変態的ガールズトークで
日々パワーを使い果たしました

こんなとき奴隷がいたら・・・さぞ楽しかっただろうに・・・
そういうときに限って
足元には誰もいません

Photo


パリのお土産ローズムスクの精油いただきました
ほんとに、彼女のセンスは 悪趣味でステキ
【悦】の世界をありがとう


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月 5日 (水)

サキュバス

ディスカッションを求めたからか

M子
M男
M予備軍

からのたくさんのコンタクト

ディスカッションっというより
カウンセリング と感じるワタシですが
それもあり

そのうち その肉体にのしかかるわよ
具現化できない哀れな 羊たち

妄想から妄想
今は言葉アソビだけでの 欲望
その渇望した想いは

どこに吐き出すの


ワタシの嗅覚でワタシが吸い尽くすよ


ワタシのココロの叫び

こんなグレーな空の下から


新たな境界線を渡って

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月 2日 (日)

ディスカッション

今日は
仲良しの会社事務所にご訪問させていただきました


ワタシは4周年に向けてのデザイン打ち合わせのつもりだったのですが

なんともその社長とスタッフさん
ワタシを完全に放置

あーでもない こーでもない・・・と
ただ1つの課題に対しての 意見交換

例えばワイン1本に対して、何時間も
話し合いをしているのです
右上がりな上昇企業 さらに向上を目指しているのですね


ワタシ、完全にアウェイな雰囲気のなか
ずっと居座り、聞き耳をたてていました


スタッフさんも社長にたいして
「これはどうですか? こっちのほうはどうですか?」

っと頭をひねらせる社長に対し、マシンガントーク

1つ問いかけたら、3答える そんなスタッフ


素晴らしいんです
こっそり拍手でした


こんなディスカッションがうらやましい
ワタシの場合はどうかしら・・・


ミストレスクラブの場合は
個々の傲慢さが大切

女王様は各自の城を持っていて
個々の統制があっていい

ワタシがプロデュースするのはそこじゃない

テクニックや
言葉使い
雰囲気は
ワタシが何か言って出来上がるものではない

なぜなら・・・SMもエロスのひとつだから
エロスは誰かに学ぶものではないと思うのです

よくある風俗の一環ではない
上手なフェラの仕方
床上手マニュアル
喘ぎ方の演技力 

などとは  まるで真逆なんです


でも意見交換ができるっていいね
SMに関してだけではなく
女王様って 生き様ですからね

意見交換ができない子は
やっぱり長続きはしません
「なぜ いまこうなのか」
「どうしたらそうなれるのか」

意思疎通が苦手な方が多く
とくにいま、ネット社会が普及して
悩んでもぶつかれない方が多い
「やってみたいけど やらなくてもいい」って方も多い

エロティカもそう
M男もそう
この社長の会社も そう

ワタシはプレイは鬼畜ですが
意外にも人の意見に対しては 受け身です@自称
でも
「誰も話さないからワタシが話す一方通行」
が、ワタシの反省するべきところであります

鳴かぬなら
鳴くまで待とう ほととぎす

が 目標です


みなみなさまとディスカッションしたいわ
男もオンナも
S男もM男も ノン気も  ガンガンよろしく!!


Vdylhwfarfd2cd1

<本日の愛読書  大好きな横尾忠則大先生です>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月 1日 (土)

悶絶Miracle

18年来の 変態と偶然
道ですれ違い


そのままホテルへGO!

ワタシの嗅覚に狂いはない
出逢ってしまうのね


彼の醜態は知ってたけど、プレイは初めて
彼の変態度はますますエスカレートしていた


S_img_5501


彼はごそごそと
アンドロイドでアダルトムービーチャットを開く

自分の恥ずかしく女装した姿を映し
誰ともわからない相手側の男の
オ●ニーの ”おかず”になった


もちろん、ワタシの声や姿も映ったと思う
でも、相手の男はレズをやってるシーンだと思い込み
いやしくエレクトしたアソコをしごく

小さな携帯画面だったけど
この淫売メス豚は 奇声をあげ 異常に興奮していた
ワタシも ヴァーチャルとリアルの交差する時間
嘘と 嘘が 絡む

この止まらないエロスに
淫売メス豚が やたら
愛おしくなった


そんな心地いい朝の
西の空のブルームーン

S_img_5507


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »