« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

カオス

ワタシの乾いた心の隙間に
すっと入ってきた異空間


探してたものを見つけたインスピレーション
でも何かが足りない
満たされない

自分の強欲さに嫌気がさし
またココロココにあらず・・・


獣の本能が騒ぐ
匂いを嗅ぎ付け 共鳴し合う

見え隠れするエロスが
エロスだと感じる自分に嫌気がさし
またココロココにあらず・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月29日 (火)

完全燃焼

雨となると
夜の静寂からいただくパワー
夜の魔物に魂を売ったかのごとく
時間を忘れ アソビ続けています


先日は 縄会に行って参りました
主宰は風見蘭喜さん
ゲストは蓬莱かすみさん
縄を手にした瞬間 そのオーラは
お相手のMへのスイッチを押し
周りの空気もすべてを牛耳ってしまいます


Dsc07303


縄でトランスして堕ちて行く姿
表情が変わる 雰囲気が変わる 責め具と変わる
強欲な精神がにじみ出るのを
ぎゅっと締め付け閉じ込める

まさに大人の社交場
雨の中 素晴らしい時間をありがとうございました


Dsc07308_2


Dsc07306


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月26日 (土)

力つきるまで

今日 本当ならスペインは
アンダルシアの海で寝そべってたはずの
ワタシ

航空券は前日キャンセル

理由はいろいろ度重なって
スペインからの旅のお導きがなかったと悟った

かけひきや
利害関係
勝ち負け
くだらない

見栄を張り
豪遊する豚どものステイタス
くだらない

自分の事はさておき
今のワタシがやるべきこと
宿命を果たすことがまず先決

時間のモラルすらなくした
そして力をなくして
力をつける努力を・・・
じっとおうちにいるなんて退屈
生き地獄


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月17日 (木)

ありがとう

楽しい宴が続く毎日を送っています

エナジーは外に放電しつつ、
どこかで充電しながら、

年をとっても
体力と欲望だけは
衰える事なく・・・

しわは増えても
笑顔は絶えることなく・・・


鞭はふるう事なくとも
守りにはいることはなく・・・

これからも動く刺激物で
よろしくおねがいします


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月14日 (月)

束縛しない愛

SM愛好するものに 重度の依存症は多い
依存することが愛でしょうか
愛があるから依存する、束縛する、所有する
そうでしょうか

逢いたい
触れたい
確かめたい

エゴの塊で感情がぶつかり合います

ぶつかり合うとクロスオーバーして
憎しみが生まれます
愛してるのに、、、と今度は
押しつけも生まれます

ワタシは
好きな人が籠の中から飛び立つことって
大きな笑顔でおくりたい
違う形で逢えることができるから

束縛すると
違う形ですら逢えなくなります
だからココロを解放してあげるの
愛を無くすのではなく
解放しないと、束縛はできない
疎遠になるって悲しいでしょ

一期一会で出会った瞬間は
その1年後、その2年後を見ています


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月12日 (土)

流れに身を任せ・・・

気持ちいいことを感じるため

朝日の中散歩したり
夜はバーでの音楽を体感したり
ちらリズムなトークと目線を試してみたり


気持ちいいことって
提供するのは日常茶飯事だけど
自分自身の快楽ってなんだろう

ワタシはここ最近
なんににも抑圧されたり制圧されることがない

時間もみないように行動し
誰かになにかを怒られることも無く
これは我慢しようとか
これは明日に回そうとか
そういう脳の働きがまったくなく

本能のまま 動いてます
モラルゼロ
でも 今のワタシはこれでいい
かっこつけずに 自由に やりたいことのために・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月 6日 (日)

倒錯したエロス

ワタシ、好きな人を幸せになんてしてあげない
尽くしてなんてあげない
笑顔のためにピエロにならない

ワタシから笑顔や性的エロスがあるうちは

まだまだ、、、ってこと

どうでもいい人には裸になれる
愛情がある人には 虐めたい
性のはけ口に身体を許すなんて
なんて低俗だと思ってしまう


毎晩太陽浴びるまで眠れなくて
退屈で勘違いした 虚栄に包まれた時間をつくる
俗社会に違和感感じながら

いやしい目線を感じるのが好き
何かを無くして
卑しい自分の欲と 向き合うのが好き

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »